お気にの風俗嬢どこいった

楽しさもあるからいいんですよね

風俗は気持ち良いだけじゃなく、そこに楽しさもあると思うんですよね。むしろ個人的にはそれが大きいんじゃないのかなって思うんですよ。だって快感だけだったらモチベーションがそこまで高くならないんじゃないのかなって思うんです。極論ですけど、快感だけであれば風俗じゃなくてオナニーでいいじゃないですか(笑)それでも風俗まで行くということは、快感だけじゃなく、他にもいろいろな事を求めているからこそなんじゃないのかなって思うんですよね。そのプラスアルファは人によって異なると思いますし、違うからといって正しいとか間違っているって話でもないじゃないですか。自分が求めているのは快感と楽しさなんです。女の子と何をするでもなく、楽しい時間を過ごしていると満足感はもちろんですけど、有意義な時間を過ごすことが出来たなって気持ちになるんですよね。それが自分の中で、これだけ風俗にハマった理由の一つでもあるんじゃないのかなって。

「お店」という単位なんです

風俗嬢が良い子であればあるほど、満足出来る可能性は高まると思うんですけど、その風俗嬢を教育するのはお店じゃないですか。だから層の厚い風俗店は、それだけ教育がしっかりしているってことだと思うんですよね。決して女の子のセンスだけに任せているのではなくて、どうすればより快感を得られるのか。そういった点までしっかりと考えているからこそ、女の子への教育のポイントも明確だし、お客を満足させる女の子が多く在籍しているんじゃないのかなって思いますけどね。人気店の強みはそこですよね。もしもですけど、お気に入りの子が辞めてしまったとしても、またいずれお気に入りの女の子のような存在感を持った女の子が登場するかもしれないんです。むしろ登場するでしょう(笑)教育を受けて、経験を積めばそれまでのお気に入りの風俗嬢のような存在感を発揮してくれるようになると思うんですよね。だから風俗では「お店」を見るのも重要なんじゃないかなって。